定例会議 12月

平成29年12月13日

  1. 開催日時

    平成29年12月13日水曜日 午前9時35分から午後2時40分までの間

  2. 主な出席者

    小堀委員長、伊藤委員、岩沼委員、佐藤委員、落合委員
    永井本部長、小林総務部長、中村警務部長、齊藤生活安全部長、延澤地域部長、
    曽根刑事部長、南交通部長、砂山警備部長、大道情報通信部長

  3. 議事の内容
    (1)委員発言

    ○ 12月7日、船橋東警察署協議会に出席した。
      同署管内の「電話de詐欺」発生件数は県下第1位であり、署長以下の署員が危機感を持って防止対策に取り組んでいる。協議会委員の方々も市民目線で活発に意見交換をされていた。
      協議会の席上、女性や若手の警察官による「電話de詐欺」防止の寸劇が披露されるなど、警察側の説明は工夫されており、非常に理解しやすい内容であった。全体として、有意義な協議会であったと思う。
     ○ 12月12日、ハイブリッド型サイバーテロ等共同対処訓練を視察した。
      サイバーテロの発生、爆発物の発見に伴い、警察官と幕張メッセ社員が連携の上、来場者に対する広報及び避難誘導、爆発物の処理等に的確に対処していた。実際にテロが発生した場合、スムーズな対応は困難と思われることから、今後も実戦的訓練を積み重ねていただきたい。

    (2)署長会議の開催

    平成30年1月16日に開催される署長会議について報告を受けた。

    (3)平成30年千葉県警察年頭視閲の実施

    平成30年千葉県警察年頭視閲の実施について報告を受けた。

    (4)平成29年度第3四半期における関東管区警察局長による総合及び随時監察の受監結果

    平成29年度第3四半期における関東管区警察局長による総合及び随時監察の受監結果について報告を受けた。

    (5)広域に及ぶ児童の性的搾取等事件捜査の終結

    広域に及ぶ児童の性的搾取等事件捜査の終結について報告を受けた。
     委員から、「あまりにも酷い事案であり、被疑者の厳罰を求めたい。」、「「あおぼーし」の活動等を通じて、児童や保護者への啓発を積極的に進めていただきたい。」旨の発言があった。

    (6)指名手配被疑者捜査強化月間の実施結果

    指名手配被疑者捜査強化月間の実施結果について報告を受けた。

    (7)特殊詐欺の犯行拠点の摘発と被疑者の逮捕

    特殊詐欺の犯行拠点の摘発と被疑者の逮捕について報告を受けた。

    (8)署警務課員による現金手交型特殊詐欺事件被疑者の現行犯逮捕

    署警務課員による現金手交型特殊詐欺事件被疑者の現行犯逮捕について報告を受けた。
     委員から、「あらためて、警察官の仕事は24時間体制であると感じた。公安委員会委員として評価したい。」旨の発言があった。

    (9)暴力団対策法に基づく再発防止命令

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく再発防止命令について報告を受け、再発防止命令の実施を決定した。

    (10)年末年始特別警戒取締り出動式及び管内視察実施計画

    年末年始特別警戒取締り出動式及び管内視察実施計画について報告を受けた。

    (11)運転免許の取消処分等

    運転免許の行政処分に係る意見の聴取等44件について処分等を決定した。

    (12)犯罪被害者等給付金の裁定

    犯罪被害者等給付金の裁定事案1件について裁定した。

    (13)過積載運転行為に係る自動車使用制限事案の処分決定

    建材業を営む車両使用者に対し、過積載運転行為に係る車両の使用制限命令処分を決定した。

    (14)平成30年千葉県警察活動方針

    平成30年千葉県警察活動方針について報告を受けた。
     委員から、「活動方針は原則変更せず、持続可能なものであるべきと考えるが、一方で、前年の反省を踏まえた内容としなければならない。県警では本年、幹部職員による非違事案が続いたこともあり、例えば、基本方針の説明文に「職員個々が自己の行動を律する」といった記述を加えるべきではないか。」旨の発言があり、警察本部から、「委員の提言を踏まえ、検討を実施する。」旨の説明を受けた。

    (15)飲酒運転根絶に向けた取組

    「飲酒運転は犯罪です。」をスローガンとする広報チラシ及びポスターの活用、運転免許の更新時講習における教養の実施等、飲酒運転根絶に向けた取組について報告を受けた。
     委員から、「飲酒運転は、飲んでハンドルを握った時点で犯罪となることを、ドライバーに知らしめる必要がある。」、「各種イベントでの広報啓発では、「(アルコールの分解時間が)ビール中瓶2本で8時間」といった具体的な数値を参加者に認識させる必要がある。」、「飲酒ゴーグルによる酒気帯び状態の疑似体験には、飲酒運転の経験者こそ積極的に参加していただきたい。」旨の発言があった。

    (16)苦情の受理

    警察法第79条に基づく苦情1件について報告を受け、処理方針を決定した。

    (17)文書の受理

    文書受理4件について報告を受け、処理方針を決定した。

  4. その他
    (1)電話de詐欺緊急対策の実施状況

    電話de詐欺緊急対策の実施状況について報告を受けた。
     委員から、「犯罪者側が、警察の取組を警戒していることの表れだと思う。引き続き、広報啓発活動を効果的に推進していただきたい。」旨の発言があった。

    (2)新年交歓会への対応についての協議

    千葉県保護司会連合会会長から新年交歓会への出席案内があり、対応を決定した。

平成29年12月6日

  1. 開催日時

    平成29年12月6日水曜日 午前9時40分から午後1時までの間

  2. 主な出席者

    小堀委員長、伊藤委員、岩沼委員、佐藤委員、落合委員
    小林総務部長、中村警務部長、齊藤生活安全部長、延澤地域部長、曽根刑事部長、
    南交通部長、砂山警備部長、大道情報通信部長

  3. 議事の内容
    (1)委員発言

    ○ 本日は、永井本部長が県議会対応のため欠席する。
     ○ 11月29日、初めて鉄道警察隊を視察した。痴漢や盗撮の発生が多いとのことであるが、女性隊員の配置によって、被害女性の心情に配意した活動が推進されている。隊員の活躍のおかげで、鉄道内の治安や規律が守られていると強く感じた。
     ○ 職員の飲酒運転等事案に伴う再発防止対策として、県下を5つのグループに分けて会議を開催することを評価する。処分を受けた後の様々な影響など身につまされる教養は効果的と考える。是非とも再発防止をお願いしたい。

    (2)平成29年における「県民の期待と信頼に応える強い警察」の確立に向けた推進状況等

    平成29年における「県民の期待と信頼に応える強い警察」の確立に向けた推進状況等について報告を受けた。
     委員から、「少子高齢化に伴い、各民間企業が成長戦略に取り組んでいる中、警察においても、優秀な人材の確保、若手の早期育成など、将来を見据えた取組が極めて重要である。」旨の発言があった。

    (3)平成29年度全国警察逮捕術大会及び拳銃射撃競技大会の結果

    平成29年度全国警察逮捕術大会及び拳銃射撃競技大会の結果について報告を受けた。

    (4)直轄警察犬の航空機使用輸送訓練の実施

    直轄警察犬の航空機使用輸送訓練の実施について報告を受けた。

    (5)サイバー攻撃事案対応演習の実施結果

    サイバー攻撃事案対応演習の実施結果について報告を受けた。
     委員から、「現代はサイバー攻撃が主流であり、オリンピックのような国際行事でサイバー攻撃事案が発生した場合の影響は計り知れない。」、「こうした訓練の積み重ねは非常に重要。引き続き、サイバー攻撃対策を推進していただきたい。」旨の発言があった。

    (6)ハイブリッド型サイバーテロ等共同対処訓練の実施

    ハイブリッド型サイバーテロ等共同対処訓練の実施について報告を受けた。

    (7)運転免許取消処分の執行停止を求める行政訴訟事件の発生と応訴

    運転免許取消処分の執行停止を求める行政訴訟事件について、今後の対応方針を決定した。

    (8)不服申立て

    不服申立て3件について裁決を実施した。

    (9)監査報告書の受領

    千葉県監査委員から提出された監査報告書の受領について報告を受けた。

    (10)運転免許の取消処分等

    運転免許の行政処分に係る意見の聴取等48件について処分等を決定した。
     委員から、「飲酒運転は確信犯。凶器を振り回しているのと同様の重罪である。」、「飲酒運転の根絶に向け、千葉県が先進的に取り組んでいただきたい。」旨の発言があった。

    (11)運転免許の行政処分の軽減

    運転免許の行政処分の軽減について説明を受けた。

    (12)古物商に対する行政処分

    詐欺罪、不正競争防止法違反及び道路運送車両法違反の事実により刑が確定した古物商について、古物商許可の取消処分を決定した。

    (13)苦情の回答

    警察法第79条に基づく苦情3件について報告を受け、回答することとした。

    (14)苦情の受理

    警察法第79条に基づく苦情3件について報告を受け、処理方針を決定した。

    (15)文書の受理

    文書受理2件について報告を受け、処理方針を決定した。

  4. その他
    (1)環境生活警察常任委員会への出席要求

    環境生活警察常任委員会への関係職員の出席を了承した。

お問い合わせ
千葉県警察本部 総務課 公安委員会補佐室    電話番号:043-201-0110 (代表)