定例会議 7月

平成30年7月25日

  1. 開催日時

    平成30年7月25日水曜日 午前9時35分から午後3時までの間

  2. 主な出席者

    佐藤委員長、伊藤委員、岩沼委員、小堀委員、秋口委員
    永井本部長、齊藤総務部長、中村警務部長、延澤生活安全部長、伊藤地域部長、
    曽根刑事部長、大津賀交通部長、砂山警備部長、大道情報通信部長

  3. 議事の内容
    (1)委員発言
    ○ 7月12日、「第7方面署長会議」に出席した。
     協議事項は「特殊詐欺防止対策」であり、各署長が地域の実情に応じ、様々な対策を講じていることを理解した。
    ○ 7月13日、「千葉県警察剣道大会」に出席した。
     非常に白熱した大会で見応えがあった。術科訓練は職務に直接繋がるものであり、各所属が熱心に取り組んでいることが分かった。
    ○ 7月18日、「第6方面署長会議」に出席した。
     協議事項は、「特殊詐欺防止対策」と「高齢者事故防止対策」であり、高齢化社会が進展する中、時宜を得た内容となった。各署長も積極的に発言し、具体的かつ分かりやすい議論ができた。
    ○ 7月19日、「第5方面署長会議」に出席した。
     協議事項は、「特殊詐欺防止対策」と「災害対策」であった。特に「災害対策」に関し、第5方面は東日本大震災で津波・浸水被害を受けた地域であることから、当時の経験や教訓事項を決して風化させることなく、今後の対策に活かしていく必要があると感じた。
    ○ 7月20日、「空港警備隊創設40周年記念式典」に出席した。
     猛暑の中、多くの関係者が出席して立派に式典が挙行された。成田国際空港の開港から現在に至るまでには、厳寒酷暑の中、空港の安全と平穏を守るため、警備に従事した隊員の苦労があることを忘れてはならない。千葉県警察として、空港警備の歴史を将来に引き継いでいくことの重要性を強く感じた。

     

    (2)「警察ふれあいフェスタ2018」の開催

    「警察ふれあいフェスタ2018」の開催について報告を受けた。
     委員から、「本フェスタへの参加を通じて、将来は警察官になりたいという子どもが一人でも多く誕生するよう、効果的な広報に努めていただきたい。」旨の発言があった。

    (3)懲戒処分及び監督上の措置の実施状況

    懲戒処分及び監督上の措置の実施状況について報告を受けた。

    (4)平成30年上半期における刑法犯の状況

    平成30年上半期における刑法犯の状況について報告を受けた。
     委員から、「犯罪抑止に向けた広報では、警察側の視点と地域住民の視点が必ずしも一致しない場合がある。地域に住んでいる普通の人々が警察からの情報に気づけるよう、より住民目線での広報を実施していただきたい。」旨の発言があった。

    (5)平成30年上半期における特殊詐欺の認知、検挙状況等

    平成30年上半期における特殊詐欺の認知、検挙状況等について報告を受けた。

    (6)柏市内等における殺人及び死体遺棄事件特別捜査班の設置と被疑者の逮捕

    柏市内等における殺人及び死体遺棄事件特別捜査班の設置と被疑者の逮捕について報告を受けた。

    (7)松戸市内における拳銃使用による建造物損壊事件被疑者の逮捕

    松戸市内における拳銃使用による建造物損壊事件被疑者の逮捕について報告を受けた。

    (8)松戸市内における拳銃使用による殺人未遂事件被疑者の逮捕

    松戸市内における拳銃使用による殺人未遂事件被疑者の逮捕について報告を受けた。
     委員から、「地域住民の方々は、本当に安心されたことと思う。」、「引き続き、地域の安全・安心の確保に向け、暴力団対策を推進していただきたい。」旨の発言があった。

    (9)平成30年上半期における交通事故発生状況

    平成30年上半期における交通事故発生状況について報告を受けた。
     委員から、「昼間帯に、自転車乗車中の高齢者が当事者となる交通死亡事故が増加していることについて、広くドライバー側に啓発する必要がある。」、「高齢者を対象とした交通安全教育も重要であるが、ドライバーのマナー向上のための対策も、重点的に進める必要がある。」旨の発言があった。

    (10)人事評価

    人事評価について報告を受けた。

    (11)運転免許の取消処分等

    運転免許の行政処分に係る意見の聴取等55件について処分等を決定した。

    (12)人事案件

    人事案件について報告を受けた。

    (13)運転免許の取消処分の軽減

    運転免許の取消処分の軽減について説明を受けた。

    (14)準中型免許制度の導入に伴う種別外無免許運転の処分方針

    準中型免許制度の導入に伴う種別外無免許運転の処分方針案について報告を受け、同案を了承した。

    (15)警察職員等の援助要求

    広島県公安委員会から警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求について再報告を受けた。

    (16)警察職員等の援助要求

    広島県公安委員会から警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求を受け、派遣に同意した。

    (17)警察職員等の援助要求

    岡山県公安委員会から警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求を受け、派遣に同意した。

    (18)警察職員の援助要求

    沖縄県公安委員会から警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求を受け、派遣に同意した。

    (19)公安委員会規則の一部改正に伴う意見公募の実施

    千葉県銃砲刀剣類所持等取締法施行細則の一部改正に向けた意見公募の実施について報告を受け、実施に同意した。

    (20)千葉県個人情報保護審議会からの答申の受理等

    千葉県個人情報保護審議会からの答申の受理について報告を受け、審査請求人に答申書の写しを送付することを決定した。

    (21)千葉県情報公開審査会からの答申の受理等

    千葉県情報公開審査会からの答申の受理について報告を受け、審査請求人に答申書の写しを送付することを決定した。

    (22)「千葉市・警察署等連絡会議」の開催

    「千葉市・警察署等連絡会議」の開催概要等について報告を受けた。

    (23)自己情報開示請求の受理及び決定

    千葉県個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求を受理し、請求者に対して「自己情報部分開示決定通知書」を送付することを決定した。

    (24)千葉県警察における女性活躍推進計画の推進状況、千葉県警察職員子育て支援行動計画の推進状況

    千葉県警察における女性活躍推進計画の推進状況、千葉県警察職員子育て支援行動計画の推進状況について報告を受けた。
     委員から、「退職した女性職員に対し、再雇用に向けた環境整備をお願いしたい。」旨の発言があった。

平成30年7月11日

  1. 開催日時

    平成30年7月11日水曜日 午前9時35分から午後2時5分までの間

  2. 主な出席者

    佐藤委員長、伊藤委員、岩沼委員、小堀委員、秋口委員
    永井本部長、齊藤総務部長、中村警務部長、延澤生活安全部長、伊藤地域部長、
    曽根刑事部長、大津賀交通部長、砂山警備部長、大道情報通信部長

  3. 議事の内容
    (1)委員発言

    ○ 7月4日付けで秋口委員が就任された。
      (秋口委員あいさつ)
     ○ 7月2日、「全国公安委員会連絡会議(代表者会議)」に出席した。
      討議テーマは、「高齢者を守る」と「非違事案対策」であり、限られた時間の中での意見交換となった。非違事案対策については、科学的・統計的な分析を加えている県があり、当県も参考にする必要があると感じた。
     ○ 7月5日、「第2方面署長会議」に出席した。
      協議事項は、「特殊詐欺」と「人身安全関連事案」であり、特に、「人身安全関連事案」については、個人のプライバシーに配慮する必要があるなど、対応が難しいと感じた。各署長には、被害者の悲痛な声を聞き漏らさず、また、そうした声を探して欲しいということをお願いした。
     ○ 7月10日、「初任科第300期生卒業式」に出席した。
      少人数ではあったが、女性警察官を始め、いずれも粒ぞろいという印象を受けた。初心を忘れず、立派な警察官に成長していただきたい。

    (2)6月定例県議会の開催結果

    平成30年6月定例県議会における警察関係の上程議案の可決状況のほか、代表質問、一般質問及び常任委員会における警察関連の主な質問項目と答弁要旨等について報告を受けた。

    (3)徘徊する認知症高齢者等の減少に向けた各市町村との情報提供制度の試行運用の開始

    徘徊する認知症高齢者等の減少に向けた各市町村との情報提供制度の試行運用の開始について報告を受けた。

    (4)繁華街・歓楽街総合対策の推進

    繁華街・歓楽街総合対策の推進について報告を受けた。

    (5)第34回タッチヤング千葉県少年柔道・剣道大会の開催

    第34回タッチヤング千葉県少年柔道・剣道大会の開催概要について報告を受けた。
     委員から、「将来は警察官になりたいという少年達が増えるよう、広報活動にも配意していただきたい。」旨の発言があった。

    (6)数都道府県に及ぶアスナグループ関係者らによる出資法違反事件被疑者の逮捕

    数都道府県に及ぶアスナグループ関係者らによる出資法違反事件被疑者の逮捕について報告を受けた。

    (7)特殊詐欺の県内犯行拠点の摘発と被疑者の逮捕

    特殊詐欺の県内犯行拠点の摘発と被疑者の逮捕について報告を受けた。
     委員から、「特殊詐欺の撲滅に向け、引き続き、上部団体の解明に繋がる取組をお願いしたい。」旨の発言があった。

    (8)組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反(組織的詐欺)事件等被疑者の逮捕及び送致

    組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反(組織的詐欺)事件等被疑者の逮捕及び送致について報告を受けた。

    (9)人事案件

    人事案件について報告を受けた。

    (10)運転免許の取消処分等

    運転免許の行政処分に係る意見の聴取等50件について処分等を決定した。

    (11)運転免許の取消処分の軽減

    運転免許の取消処分の軽減について説明を受けた。

    (12)職員による規律違反等

    職員による規律違反等について報告を受けた。
     委員から、「再発防止に向け、職員に対する具体的な指導を徹底していただきたい。」旨の発言があった。

    (13)警察署協議会委員の辞職の申出及び推薦

    船橋警察署協議会委員1人の辞職を承認し、推薦があった後任候補者の委嘱を決定した。また、山武警察署協議会委員1人について、推薦があった後任候補者の委員委嘱を決定した。

    (14)銃砲所持許可の取消処分

    銃砲刀剣類所持等取締法違反者の銃砲所持許可の取消処分を決定した。

    (15)信号機の設置

    2署管内の信号機2基の設置による規制の実施を決定した。

    (16)風俗営業者に対する行政処分

    風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反をした飲食店経営者1人について、聴聞の実施を決定した。

    (17)犯罪被害者等給付金の裁定

    犯罪被害者等給付金の裁定事案2件について裁定した。

    (18)自己情報部分開示決定等の取消しを求める行政訴訟控訴事件の判決対応

    自己情報部分開示決定等の取消しを求める行政訴訟控訴事件について対応方針を決定した。

    (19)不服申立て

    不服申立て7件について裁決を実施した。

  4. その他
     西日本豪雨に伴う部隊派遣
     西日本豪雨に伴う部隊派遣について報告を受けた。
     委員から、「今後も災害派遣の機会はあると考えるが、隊員が二次災害や事故に巻き込まれないよう、平素から訓練の実施、必要な装備品の確保をお願いしたい。」旨の発言があった。
お問い合わせ
千葉県警察本部 総務課 公安委員会補佐室  電話番号:043-201-0110 (代表)