定例会議 12月

平成30年12月12日

  1. 開催日時

    平成30年12月12日水曜日 午前9時35分から午後零時45分までの間

  2. 主な出席者

    佐藤委員長、伊藤委員、岩沼委員、小堀委員、秋口委員
    早川本部長、阿久津警務部長、延澤生活安全部長、伊藤地域部長、曽根刑事部長、
    大津賀交通部長、砂山警備部長、大道情報通信部長、廣田総務部参事官兼総務課長

  3. 議事の内容
    (1)委員発言
    ○ 本日は、総務部長が所用で欠席し、代理として総務部参事官兼総務課長が出席する。
    ○ 12月5日、関東管区内交通安全教育コンクール・最優秀賞受賞演技を視察した。
     スケアードストレイトの要素を演技に加えており、交通安全教育上の効果は十分に認められる。演技者も文字通り体を張っていて、怪我をするのではないかと思うぐらいの熱演だった。学校や催し物などで演技すれば、十分な効果を発揮できると感じた。
    ○ 12月6日、四街道警察署協議会に出席した。
     署として広報活動と交通事故防止対策に積極的に取り組んでいる。協議会委員の皆さんからは、署の活動を支えていこうという高い意識を感じ、会長のリーダーシップの下、署との協力体制が構築されていると感じた。
    ○ 12月7日、移動交番車コンクールを視察した。
    ・ 予選を勝ち抜いた5署による演技であり、音楽や腹話術を効果的に取り入れるなど、完成度の高い内容であった。特に、「電話de詐欺」被害の防止に向けては、こうした警察の熱意がしっかりと県民の皆さんに伝わり、少しでも被害がなくなる方向で効果が出ることを期待したい。
    ・ 被害者が印鑑を取りに行っている間、犯人がキャッシュカードの入った封筒をすり替える手口は、話に聞いていても実際に見なければ分からない。参加体験型の効果の大きさに気づかされたコンクールであり、非常に意義深かった。
    ○ 12月7日、習志野警察署協議会に出席した。
     協議会委員の皆さんは、年齢も職種も多彩な方々であり、身近な問題に係る提案や質問を積極的にされていた。会長が非常に上手な運営をされており、全委員が発言し、署側も署長や各課長が誠実に対応していた。警察に対する市民の期待は非常に高く、署は、引き続き、協議会や関係機関と緊密に連携しながら、管内治安の維持に当たっていただきたいと思う。
    (2)署長会議の開催

    平成31年1月16日に開催される署長会議について報告を受けた。

    (3)指名手配被疑者捜査強化月間の実施結果

    指名手配被疑者捜査強化月間の実施結果について報告を受けた。

    (4)移動交番車コンクールの実施結果

    移動交番車コンクールの実施結果について報告を受けた。

    (5)暴力団対策法に基づく再発防止命令

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく再発防止命令について報告を受け、再発防止命令の実施を決定した。

    (6)運転免許の取消処分等

    運転免許の行政処分に係る意見の聴取等47件について処分等を決定した。

    (7)年末年始特別警戒取締り出動式及び管内視察実施計画

    年末年始特別警戒取締り出動式及び管内視察実施計画について報告を受けた。

    (8)運転免許停止処分の差止めを求める行政訴訟事件の判決対応

    運転免許停止処分の差止めを求める行政訴訟事件について、今後の対応方針を決定した。

    (9)不服申立て

    不服申立て5件について裁決を実施した。

    (10)犯罪被害者等給付金の裁定

    犯罪被害者等給付金の裁定事案2件について裁定した。

    (11)苦情の回答

    警察法第79条に基づく苦情2件について報告を受け、回答することとした。

  4. その他
    (1)高校生による飲酒運転撲滅漫画冊子の製作

    高校生による飲酒運転撲滅漫画冊子の製作について報告を受けた。
     委員から、「絵柄もストーリーも素晴らしい。飲酒運転がなかなか減らない中、このように新しい切り口で広報啓発することは効果的と考える。」、「中高生世代に飲酒運転の悲惨さを理解してもらうことは大変有意義。『飲酒運転は、誰でも加害者になり得る。』旨を広く呼びかけることが大事ではないか。」旨の発言があった。

    (2)新年交歓会への対応

    千葉県保護司会連合会会長から新年交歓会への出席案内があり、対応を決定した。

平成30年12月5日

  1. 開催日時

    平成30年12月5日水曜日 午前9時35分から午後2時5分までの間

  2. 主な出席者

    佐藤委員長、伊藤委員、岩沼委員、小堀委員、秋口委員
    齊藤総務部長、阿久津警務部長、延澤生活安全部長、伊藤地域部長、曽根刑事部長、
    大津賀交通部長、砂山警備部長、大道情報通信部長

  3. 議事の内容
    (1)委員発言

    本日は、本部長が12月定例県議会代表質問への対応のため欠席する。

    (2)実戦実習生との意見交換等の実施結果及び意見要望に伴う対応

    実戦実習生との意見交換等の実施結果及び意見要望に伴う対応について報告を受けた。

    (3)移動交番車コンクールの実施

    移動交番車コンクールの実施について報告を受けた。
     委員から、「移動交番車には、子育て中の女性職員が多く勤務しており、日々、技能を磨き上げていると認識している。」、「全国公安委員会議等では、千葉県独自の活用方法を機会あるごとに紹介している。」、「千葉県民でも、まだまだ移動交番の活動を知らない方が多い。もっと県内向けに広報してはどうか。」旨の発言があった。

    (4)特殊詐欺事件の現金回収役被疑者の逮捕

    特殊詐欺事件の現金回収役被疑者の逮捕について報告を受けた。

    (5)職員による規律違反等

    職員による規律違反等について報告を受けた。

    (6)移動交番車コンクールの次第等

    移動交番車コンクールの次第等について説明を受けた。

    (7)人事案件

    人事案件について報告を受けた。

    (8)警察署協議会委員の辞職の申出及び推薦

    千葉西警察署協議会委員1人の辞職を承認し、推薦があった後任候補者について委員の委嘱を決定した。

    (9)運転免許の取消処分等

    運転免許の行政処分に係る意見の聴取等45件について処分等を決定した。

    (10)ストーカー規制法に基づく警告等の実施状況

    10月中におけるストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告等の実施状況について報告を受けた。
     委員から、「最近は、重大事件の発生を見ていないが、引き続き、必要な対策をしっかりと講じていただきたい。」旨の発言があった。

    (11)一般国道14号(京葉道路)の一部区間における最高速度の引上げ

    一般国道14号(京葉道路)の一部区間における最高速度の引上げについて報告を受けた。

    (12)行政文書部分開示決定に対する審査請求に係る千葉県情報公開審査会への諮問

    行政文書部分開示決定に対する審査請求に係る対応方針について報告を受け、千葉県情報公開審査会への諮問及び審査請求人への通知を決定した。

    (13)第14回関東管区内交通安全教育コンクールにおける最優秀賞受賞演技の視察

    第14回関東管区内交通安全教育コンクールにおける最優秀賞受賞演技を視察した。

    (14)苦情の受理

    警察法第79条に基づく苦情6件について報告を受け、処理方針を決定した。

    (15)苦情の回答

    警察法第79条に基づく苦情1件について報告を受け、回答することとした。

    (16)文書の受理

    文書受理1件について報告を受け、処理方針を決定した。

  4. その他

    常任委員会への出席要求

    千葉県議会議長からの要請に基づき、12月13日に開催される常任委員会への説明員等の出席を了承した。
お問い合わせ
千葉県警察本部 総務課 公安委員会補佐室  電話番号:043-201-0110 (代表)